高血糖からの合併症について

糖尿病になると、そこからさまざまな合併症を引き起こします。

合併症とは、ある病気に関連して起きる新たな病気「余病」のことです。

合併症は、最初のうちは症状があらわれにくく、気がついたときには既に深刻な状態だったということにもつながります。

そうなる前に測定器を使って自己測定し、知っておくことが肝要です。

糖尿病の合併症は、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害の3つが代表的なものです。

合併症が起きるまで、高血糖状態に気がつかないことは非常に危険です。

高血糖状態に早く気がつくためにも、定期的な測定をすることが大切なのです。



| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。