血糖値の測定について

血糖値の測定は、なぜ必要なのでしょうか?

糖尿病患者にとって、自己測定は、合併症を防ぐためにも役立ちます。

一般的に、空腹時に測定するのがよいとされています。

しかし、状態や治療方法、生活スタイルなどにより、測定回数やタイミングは人それぞれ異なります。

ですので、医師の指示に従い、測定値を常にチェックをしておくことが大切です。

結果をメモすることにより、測定値変動の手がかりがつかめます。

糖尿病を治療する上において、自己測定することは、治療の強い味方となります。

測定器はPOCT(Point Of Care Testing=ポイントオブケア検査)と呼ばれており、さまざまな機種があります。

測定器は小型で持ち歩きができますので、自宅でもどこでも測定できます。

自己管理をすることにより、糖尿病を未然に防ぐことができるでしょう。

| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。