血糖値を下げるインスリン

健康な方が食事をとった場合、通常、血糖値が上がりますが、瞬時に膵臓のβ細胞からインスリン(インシュリン)が分泌され、ブドウ糖が処理されます。

つまり、インスリンは血糖値を下げる働きがあるのです。

インスリンは、血液中の栄養分であるブドウ糖を細胞でうまく利用し、血糖値を下げる重要なホルモンです。

血糖値を上げるホルモンは複数ありますが、下げるホルモンはインスリンただ1つです。

この下げる働きが機能しないと、血液中の糖が処理されず、血液の中にたまっていきます。

これが尿に含まれ、排出されることになります。

いわゆる糖尿病です。

インスリンは血糖値を下げるための大切な鍵となります。


| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。