血糖値を下げるために

高血糖になった場合、血糖値を下げることが重要です。

下げる方法として2つあります。

「食事療法」と「運動療法」、この2つは下げるために大変有効的です。

食事療法で大事なことは、過食や偏食を避け、栄養のバランスを考えて食べるということです。

必要以上に食事制限をするのではなく、必要な1日の栄養カロリーはしっかりとりましょう。

そして、運動は、空腹時は低血糖になる恐れがあるので避け、内容としては、激しい運動ではなく、ウォーキングや体操といった有酸素運動が効果的です。

また、毎日決まった時間に続けることがとても大切なことです。

| 日記

高血糖からの合併症について

糖尿病になると、そこからさまざまな合併症を引き起こします。

合併症とは、ある病気に関連して起きる新たな病気「余病」のことです。

合併症は、最初のうちは症状があらわれにくく、気がついたときには既に深刻な状態だったということにもつながります。

そうなる前に測定器を使って自己測定し、知っておくことが肝要です。

糖尿病の合併症は、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害の3つが代表的なものです。

合併症が起きるまで、高血糖状態に気がつかないことは非常に危険です。

高血糖状態に早く気がつくためにも、定期的な測定をすることが大切なのです。

| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。